かきとめる

日記と独り言

0416※ネタバレ有

f:id:pura53:20170416213650p:plain

プロローグの彼のことを凡吉と呼ぶらしい。昨日知りました。

最原クンはゲームでご覧の通りでしょうけど、彼はちょっと下っ端気質のある弱弱しい男の子なのではないかと思ってます。完全に受け売りなんですけど。プロローグで最初に体育館行った時の立ち絵とか、体育館外の様子を見てこようかと申し出るところとか(どちらも曖昧な記憶ですが)すごくいじめられっ子臭してましたよね。脅されて参加させられた感じなのかな~~、と考えるとソワソワしますね。

 

余談ですが、今日才能育成計画でカムクラルート見ました。才能育成!?カムプロ!?と思っていたのですが、分かってはいたけど、入学時からもう出来上がってたね。育成する余地がなかった。あの時空ではカムクライズルは生まれた時からカムクライズルなのかしら。それともカムプロ終えて、また入学しなおしたのかしら。おそらく後者じゃないかと踏んでますが。しかし、なんというか、あの人ほかのキャラとの接点限りなくゼロに近い状態が長かったので、ああ、他人とこういう風に接するんだ~、とほほえましい気持ちになりました。どんな相手にもとりあえず話しかけられれば相手はするというスタンスなのすごくイメージ通りで好きです。あと、石丸と話してたときの「才能に寄生したがるやつらが勝手に僕を見つけるでしょう」的なセリフ実に好いです。カムクラはどうあっても他人の道具としてしか生きられないんだろうなあと思っていたので、そのイメージにぴったり合致した。予測できるものがすべてではないぞ、と言われた時の「僕に関しては見えているものが全てです」的なことを言いきってて最高だぞ。自分の才能をそこまで信用できるところ、コマエダみを感じます。ジェノとの会話もなんか良かった。なんというかすべてが良かったし、改めてカムイズが好きになりました。本当好き。

 

では。